オススメリンク
腕の上に乗せる

どこで出産するか

出産といえば、人生の一大イベントで、妊娠が分かった時点でまず考えるのが「どこで出産するか」ではないでしょうか。
日本で代表的なものといえば病院の産婦人科、助産院。
他にも自宅出産や水中出産などもありますが、今回はより一般的な先の二つについて取り上げます。
では、両者の違いはどこにあり、どのように選択すればいいのでしょうか。
まず、病院の産婦人科。
ここでは、医療行為を受けることができます。
助産院では「切る・縫う」などの医療行為が受けられません。
更に総合病院ならより多くの科があるので、持病があるなどの心配がある場合も必要に応じて産婦人科以外の医師から治療を受けながら出産に臨めます。
何より安全を大事にする人向けと言えます。
ただ診察ごとに医師が変わる場合もあるので、好感がもてる医師に出会ったら疑問や不安を遠慮せずにぶつけるのがオススメです。
次に助産院。
個人経営が多いので、方針に合っていれば個人的な願いを聞き入れてもらえる可能性が高く、最初から最後まで同じ方に見てもらえる安心感があります。
食事が豪華だったり、設備が整っていたりと各助産院で個性がありますので下調べをして、存分に活用してください。
出産を楽しみたい人向けと言えます。
このように、それぞれに良いところがあるのでまずは自分がどのような出産をしたいのかを考え、次にきちんと理解したうえで産婦人科にするのか助産院にするのか、はたまた更に他の方法を検討するのか選択するのが大切です。

キスをする

出産を楽しむ

妊娠がわかったら、出産する場所を考える必要があります。
里帰り出産を考えている場合は、検診する病院と出産する場所を分けて考えなければいけませんが、10ヶ月近くお世話になる場所ですので慎重に決める必要があります。
産婦人科、助産院がありますが産婦人科も大きな総合病院という選択もありますし、産婦人科によってお産の仕方が違います。
産婦人科と助産院との大きな違いは、助産院は自然分娩のみになります。
医療行為が行えないため、自然に陣痛を待って出産をします。
帝王切開の可能性のある人や、助産院では危ないと判断された場合には病院に運ばれる形になります。

また助産院では会陰切開も行われません。助産院でのお産のスタイルはお産する人がしやすいスタイルでという場合が多いようで、リラックスしてお産ができるというのが人気の秘密のようです。
また助産師さんに家に来てもらうとういうスタイルもあります。
産婦人科での出産スタイルは分娩台に座ってというイメージですが、今はいろんなスタイルを提案しているクリニックも多いようですので、お産の仕方にこだわりのある方はそこをポイントに選ぶのもいいと思います。
また無痛分娩ができるクリニックも最近多くなっており、出産の痛みを和らげることができるだけでなく、産んだ後の痛みも全く違うので人気があります。
二人目、三人目を産む人の方が、明確な希望が見えてくるようで、こだわって産む場所を考える傾向にあるようです。
最近は食事も贅沢なものが用意されたり、エステサービスがあるなど、自分へのご褒美もある所も多いので、楽しんで出産できる場所を探したいものです。

助産院では医療行為を行わないため、切開手術などをしないため母体に掛かる負担も最低限になります。
そして無事子供を出産した後のアフターフォローも万全であるため、産婦人科に比べて通いやすいのも大きな特徴となっています。
女性にとって子供の出産はとても体に負担がかかり、病院選びもより慎重になってきます。
選び方の基準としては、何かしらのトラブルがあっても多くの専門家に診てもらいたい場合は産婦人科を選び、なるべく体への痛みを抑えたいと考えている場合は助産院を選択すると良いでしょう。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031